旗の台 | 6we8mk | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン
« さて 螺旋 »

旗の台

返信

旗の台の喫茶店で時間潰しに本を読んでいたら、「雑炊をくれ!」と爺さ

んが入ってきた。ここは普通の喫茶店なので雑炊はない。


爺さんは店内の人間に自画像を見せて回った。俺も見せてもらったが、よ

く分からなかった。爺さんの手は傷だらけで、テープがいっぱい巻いて

あった。「俺は85まで生きながらえたが、度胸がないから首を吊っ

て死ねない」のだそうだ。

投稿者 6we8mk | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.